ワークショップの風景

〈場〉の構成 20年近く前ということになると、おそろしく昔のようにも感じられるが、「ワークショップの風景」は、あの頃と、さほど変わっていないのかもしれない。机やイスの配列、ホワイトボード、ペットボトルやお菓子、コミュニケーションのありようなど…

文献リスト

ワークショップ/ファシリテーションへの関心 ワークショップ、ファシリテーション、リフレクション(ディブリーフィング)、学習環境のデザインなどをテーマに書いた本や論文、学会発表をまとめています(作業中)。大部分は『ワークショップをとらえなおす…

EN プロジェクト(2000)

* 「ON プロジェクト」、「IN プロジェクト」に続く3年目のワークショップを企画しました。実施からすでに20年が経とうとしていて、当時のデータは散在しているのですが(一部は読み取り不能・行き先不明)、ウェブのデータは断片的に発掘しました。下記の情…

IN プロジェクト(1999)

* 「ON プロジェクト」の翌年、「IN プロジェクト」を企画しました。実施からすでに20年が経とうとしていて、当時のデータは散在しているのですが(一部は読み取り不能・行き先不明)、ウェブのデータは断片的に発掘しました。下記の情報は、当時のものです…

ON プロジェクト(1998)

* ワークショップについて、あれこれと考えはじめるきっかけになったのが「ON プロジェクト」です。実施からすでに20年が経とうとしていて、当時のデータは散在しているのですが(一部は読み取り不能・行き先不明)、ウェブのデータは断片的に発掘しました。…

第1章:はじめに

* 以下は、2001年8月に書いた文章の一部です:1998年〜2000年にかけて実施したワークショップをまとめて書籍化する企画の一環で書いた「はじめに」の冒頭部分) きっかけ きっかけは一本の電話だった。われわれは、1998年6月、「情報教育問題フォーラム」(…

はじまり

小学校の教員は、生徒が思うように学習していないとすぐに自分自身の振る舞いを反省するという。自分の教え方に問題はなかったか、生徒への配慮はじゅうぶんだったか…。いっぽう大学の教員は、すぐに学生のせいにする。だが、学生が授業をサボるのも、授業中…

譜におちない(フライヤー)

転音電音(てんねんでんねん)

冊子(パンフレット) A5サイズ・中綴じ(本文16頁) 発行:1998年9月18日 編集:神代彩・磯村美江・佐野美和・鈴木こずえ(加藤文俊)

腑におちない(音源)

soundcloud.com

譜におちない(ジャケット)

高井戸で会いました

ぼくたちのプロジェクトにとって大事なのは、“即興(インプロヴィゼーション)”という感覚である。人との関係のなかでじぶんを位置づけ、「その場」にふさわしい振る舞いをする。それが“プロ”の資質として重要なのではないだろうか。自己主張をしながら協調…

かわら版

かわら版(ドキュメント) A4サイズ 発行:1998年9月16〜18日

高井戸で会いましょう

きのう、出張先でかわら版の原稿依頼のメールを読んだ。一緒に仕事をしていた長岡先生にその話をすると、「メールが来ない」と少し怒り、少しひがんだ表情になった。口頭では依頼されていたらしいが、彼としては「正式」な原稿依頼が欲しかったのだろう。と…

clip 02

知識の編纂とメディア WWW環境におけるコラボレーション過程の記述・分析に関する研究(ニュースレター 02号, 1998年5月30日発行)

clip 01

知識の編纂とメディア WWW環境におけるコラボレーション過程の記述・分析に関する研究(ニュースレター 01号, 1998年4月10日発行)

clip 00

知識の編纂とメディア WWW環境におけるコラボレーション過程の記述・分析に関する研究(ニュースレター 00号, 1998年3月10日発行)